不動産利用で住まいを快適にする【住まいdeスマイル】

住宅の屋根の部分

費用を抑える

賃貸物件入居とその費用について

賃貸アパートやマンションに入居する場合、不動産会社を利用して物件を探し、入居するケースが通常となっている。 不動産会社を利用して、賃貸物件に入居する場合には、大きく3つの費用が必要になる。1つは敷金であり、敷金は家賃滞納時などにおける保証金として預け入れるお金になる。もう1つは礼金であり、礼金は大家さんへの謝礼金として支払うお金である。そしてあるのが、仲介手数料である。仲介手数料は、不動産会社に対する謝礼金であり、物件を紹介してもらうことや契約の仲介をしてもらうことへの手数料として支払うお金になる。 これらのお金については、いずれも家賃の何ヶ月分という単位で支払うケースが一般的であり、金額が大きくなる傾向にある。

仲介手数料無料物件とその利用について

賃貸物件に入居する場合には初期費用が必要であり、物件によっては高額になるケースもある。 これらの賃貸物件に入居する際に、コストを抑える工夫としてあるのが、仲介手数料無料の物件を利用するという方法である。仲介手数料は、一般的には家賃の半月や一カ月分など高額であるケースがある。これらの仲介手数料無料の物件を利用することで、初期費用を大きく抑えることができる。 物件によっては、大家さんが入居者を早く探したいために、大家さんが仲介手数料を負担することで、仲介手数料無料を実現しているケースがある。 また、仲介業者が戦略として仲介手数料無料としているケースもある。そのため、よりコストを抑えながら賃貸物件に入居したい場合には、これらの活用が有効になる。